不用品回収で一番、厄介ともいえるのが使わなくなったパソコンです。
簡単に捨てることが出来ないため、処分する前にたくさんするべきことが有ります。

パソコンは2003年に改正され、同年10月1日から施行された省令により、業務用パソコンだけではなく家庭用パソコンの回収と再資源化がパソコンメーカーに義務付けられました。

俗に「パソコンリサイクル法」とも呼ばれています。

パソコンは「廃棄」ではなく「リサイクル」する形になり、回収料金がかかったり、書類を書かなければいけなくなりました。

また、一部のパソコンは回収料金がかかったり、リサイクルに出す際にお持ちのパソコンのメーカーへ資料を請求しなければいけないケースも有ります。

処分する機会は、パソコンの新規購入が理由の場合が多いと思います。
その際には家電量販店で下取りサービスを行っているか確認して、新規購入の際に引き取って貰うのが手っ取り早いです。

その他の理由で処分される際には多くの手続きを踏んでパソコンメーカーに回収してもらうか、不用品回収を行っている業者に頼むことも1つの方法ですね!

安易な不法投棄は自身の個人情報を守るためにも、絶対に避けたいです。

そして、どの処分方法をとるにしてもパソコン内の個人データは完全に消去した状態で引き取ってもらいましょう。
リカバリCDで工場出荷時の状態に戻すか、市販の完全消去ソフトを利用して、個人情報を守ることも大切です。

パソコンを処分する際は最新の注意が必要ですよ。