核家族化が進む現代日本。
親元を離れ、一人暮らしや、新しい家庭を持っている方も多いのではないでしょうか。
地元に残していた親が亡くなった際、葬儀や各種手続きが必要ですが、最後に待ち受けているのは遺品整理です。

借家や賃貸住宅に住んでいらっしゃった場合、急に明け渡さなくてはいけなくなります。
持ち家に住んでいらっしゃった場合でも、ずっと放っておくわけにはいけません。

遺品の中で形見になるようなものは、親族の中で分け合い、これを形見分けと呼びます。
他、処分するものも一般ごみとして出せるものは出せますが、自治体によって一度に大量に出すことが出来ない場合もあります。
何度かに分けて出す必要があり、遠方に住んでいる方ですとなかなか難しい面もあります。
また、大型家具は粗大ゴミとして処分することになりますが、自治体で処分しようとすれば手続きから収集日まで日数がかかりますし、なかには一度に出せる量が決まっている場合もあります。
家電リサイクル法により、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機はまた別の手続きを踏んで処分しなくてはなりません。

こうした遺品整理を受け付けてくれる業者もあります。
不用品回収をやっている便利屋、特殊清掃業務会社、遺品整理専門会社などもあります。

故人を想うとなかなか業者に介入して貰うのは気が引けるかもしれませんが、ご自身や親族の方だけではどうしようもない場合にはお願いしてみても良いかもしれません。

業者の選び方さえ間違えなければ、故人へ思いやりを持って作業してくれる業者はちゃんと存在しますからね。

そこで一度ご注意頂きたい点がございます。
遺品整理と不用品回収の区別ですね。
遺品整理と不用品回収は単価が異なります。
遺品整理で業者にお願いするとかなり高額になるんです。
状況にもよりますが、業者と一緒にいる物といらない物を分別し、整理しながら行なうのが遺品整理です。
逆に、家族や身内で形見や必要な物を全て分別しているのなら、不用品回収に該当するケースがほとんどです。
つまり、今残っている物は全て処分したい・・・という場合は、不用品回収で業者に依頼した方が、金額的に安く済むということです。

この点をぜひ覚えておいて頂けたら、いざ、このような状況に直面した際に、かけなくても良いお金をかけずに済むと思います。

ぜひご参考にしてみて下さいね!